• home
  • マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>〜筋肉のズレを戻して痛みを改善するテク二ック〜D


今回のしびれの臨床・下肢編では、マイオモーションの理論をもとに
講師茨木先生による臨床での分析とその結果から得られた
驚きのテクニックを大公開しています。

その重要なポイントとしては、

しびれ症状に大きく関与する末梢神経のメカニズムについて
講師茨木先生の巧みな解剖図をもとに、誰もが理解できるように
まとめられています。

また、筋肉と神経障害の関係性を紐解きながら、
どのように筋肉を元の位置に戻せばしびれ症状が改善できるのか、

絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)に対する
テクニック11種のデモンストレーションとともに解説されています。


まさしく、マイオモーションテクニックの前進であるアドバンスに
ふさわしい内容です!

ですから、先生が次のような悩みや希望を持たれている場合は、
この教材を手に入れて頂く価値があります。

  • しびれ症状に対して理解しているようで理解できていない
  • 「しびれがある」と言われた時どう対処すれば良いかわからない
  • 患者さんへしびれの説明ができない
  • 改善できないしびれの症状がある
  • 筋肉と神経がどのように関係するのか知りたい

一つでも当てはまることがありましたら、
以下を読み進めて下さい。



先生こんにちは!!

いつもお世話になっています。
カイロベーシックです。

さて、いよいよ先生にご紹介できる時がやって来ました!

満を持して発売の、講師茨木英光先生によるマイオモーションシリーズ第3弾
「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>
〜筋肉のズレを戻して痛みを改善するテク二ック〜」
でございます!

今回、茨木先生はアドバンスということで、
マイオモーションテクニック(=MMT)の
前進した新たな領域に踏み込んだ内容を公開されています。


ところでいきなりですが、先生は患者さんに

「○○がしびれています・・・」

と言われたご経験は必ずと言っていいほどあると思います。

その際、先生は「しびれ」の症状に対して、すぐさま原因を見つけ出し
的確な検査や手技を行うことができていますでしょうか?

また、患者さんに対してわかりやすく説明されていますでしょうか?

もしかすると、何となくなら・・・と思われているのが
本音ではないでしょうか・・・。

その先生の曖昧な部分を解消するべく、
誰もが理解できる解剖図を用いて、マイオモーションの理論とともに、
茨木先生が筋肉と神経の関係性を紐解かれていきます。


しかし、実はセミナー前に茨木先生から第3弾のテーマが
“神経障害へのアプローチ”と聞き、正直なところ、

「筋肉へアプローチするマイオモーションテクニックなのに、
神経とはどう結びつくんだ??」

と疑問に思っていましたが、

先生も恐らく、「なるほど!そういう原理なのか」と
驚きと同時に十分納得されることでしょう。

ですから、先生が患者さんに「しびれています・・・」と言われても
慌てることなく対応でき、

どこが原因でしびれが発生しているのか
どこを改善すれば良いのか


というポイントを見つけ出すことができるので、
下肢のしびれの症状に対して困ることはなくなると思っています。


また、今回、このシリーズ第3弾を制作、発売に至れたのは、
紛れもなく、弊社へ茨木先生の教材をご購入された多くの先生方から

FAXやメールなどで感謝のお言葉や続編を期待されているなどの
茨木先生に対して絶大なご支持があることも大きな理由の一つです。


そして、茨木先生ご自身、そのお声に応えるべく、求められている先生へ
「もっと効果的なテクニックを身に付けてもらいたい!」

ということでセミナーの準備や制作を進めてこられ、
このDVD発売が実現しました。

つまりは、これを読まれている先生に何を伝えたいかと言いますと、

茨木先生の教材を購入され、実際、施術に取り入れられている先生が
結果を出されているという証明でもあります。


ですから、もし先生が少しでも気になるようでしたら、
見逃すことのないよう、最後までお付き合い頂きたいと思います。

それでは、<しびれの臨床・下肢編>についてお話しする前に
茨木先生のプロフィールをご紹介させて頂きます。

茨木先生プロフィール


茨木先生プロフィール



お待たせしました!!

ではここから、

「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>
〜筋肉のズレを戻して痛みを改善するテク二ック〜」

についての詳細をご紹介させて頂きます!



手技療法の世界で、“しびれ”という症状は必ずと言っていいほど、
患者さんの主訴となる症状の一つであると言えます。

そのため、しびれに対してのあらゆる解剖学書や教材もあります。

実際、先生も学校での授業、書籍やDVDで
勉強されたことがあるのではないでしょうか。

しかし、臨床の現場で、いざ患者さんから
「しびれるんです・・・」といわれた時、

すぐさま、どのようにしびれが起こっているのか判断し、
自信を持って十分な説明や施術をされていますでしょうか?

茨木先生もセミナー冒頭で受講生の先生に対し、
このように聞かれています。

「患者様から指先がしびれるんですがこれは首からですか?と
 聞かれたことはないですか?」


先生は、このようなご経験がありますか?
その場合は何と答えられていますか?

もちろん、患者さんから話を聞いたり検査をしたりして
身体の状態をみると思いますが、

先生のその知識や情報とは別の考え方、そしてそこから導き出されたテクニックを
このセミナーDVDで手に入れることができるでしょう。

つまり、しびれについて知っているようで知らなかったということが
明らかになるかもしれません。

その可能性がゼロではないと言えるほど、茨木先生の末梢神経の講義内容は、
治療家にこそ納得のいく内容が詰め込まれています。


くどいようですが、もし、しびれについて知っているようで
知らなかったとしたら・・・

患者さんに正確な説明、施術ができているのでしょうか?

今回のセミナーDVDには、その全てのカギとなるものが存在し、
先生の疑問が解消される手立てとなるでしょう。




「神経に対する概念がセミナー終了時点できっと一変していると思います」

茨木先生がセミナー冒頭でこう発言されました。

その根拠として、

「今まで神経については何となくわかっていたが、
 どこにどうアプローチして良いかわからないもの」

「解剖学で勉強した多くの神経が、臨床でどう関わってくるのか、
 どう活かせば良いのかがわからない」


このように思っていたものが、

茨木先生が教える神経学では、従来の手順ではなく
末端の神経から順に解説されているため、簡単に理解することができ、

そのため、どこが悪いのかを見つけ、その場で改善することを
身に付けることができると茨木先生は仰っています。


では、“なぜ末端の神経からなのか?”

ということも含め、末梢神経学総論の講義で話されています。

その末梢神経学総論では、多岐にわたる内容が詰め込まれていて、
治療家にとって今後の臨床に役立つ多くの指標が明かされています。


ここで一部を先生に紹介させて頂きます。




まず、しびれの症状に対して一般的に首や腰からの
神経根性の病変によるものだと判断されがちなのですが、

そう決めつけるものではないということを神経根性と末梢神経性の
2つの知覚異常の分布の違いをもとに解説されています。


腰、首の痛みも伴う  ⇒ 神経根性の疑い

手、足先のみのしびれ ⇒ 末梢神経性から疑う 


また、神経根性と末梢神経性の2つの特性をもとに
それぞれどの部位に、どのように影響が出るのかも

知覚支配の分布図で解説されているため、
非常にわかりやすく理解できます!

また、このお話は、しびれのメカニズムやテクニックを導き出す
基礎となるところですので要チェックです。






先生の患者さんの中で、病院で椎間板ヘルニアと診断され、
来院された患者さんはいらっしゃいますか?

その際、先生はどのように分析し、
本当の椎間板ヘルニアであるか判別されていますか?

もちろん、患者さんに対して発症した原因を聞いたり、
様々な検査で判別されていると思いますが、

実際、患者さんの腰椎や神経がどのような形状に変化しているのか
予想を立てたり、イメージできていますか?

茨木先生は、解剖図を用いてそのイメージを可能にして改善に導いています。

では、椎間板ヘルニアに対してどのような判別方法があるのか、
理解できる方法があるのか、ということを期待して頂ければと思います。


ポイントとしては、

「腰に痛みはないが足の痛みとしびれがあり、
 病院でMRIを撮ったら椎間板ヘルニアと診断された」


という方をどのように判別するかということです。






ここでは、以下についての理由が解説されています。

上肢 ⇒ 感覚神経が障害を起こしにくい

下肢 ⇒ 運動神経が障害を起こしにくい


どういうことなのか、現時点ではわからないと思いますが、

例えば、上肢については、

頚椎から伸びている複雑な神経の中で、上肢の動きと関係しているのは
どの神経なのか解説されていて、


一方、下肢については、

腰随と仙随から伸びる各神経をもとに、上肢と同じくそれぞれの下肢の動き
との関係性が解説されています。


そして、上肢、下肢とでは支配している神経の領域の違いや
それぞれの特徴についてもより詳細に話されています。

ポイントとしては、

「足は運動することに優れ、手は感触を掴むことに優れている」

このように、先生は上肢下肢と各神経の関係性を知ることで
なぜ、上肢は感覚神経が障害を起こしにくのか、
下肢は運動神経が障害を起こしにくいのか、

ということを理解することができます。

今回の神経学を学ぶ上で、茨木先生が非常に重要な部分である
と話されていますので、こちらも要チェックして頂きたいと思います。






前述した、“なぜ末端の神経からなのか?”ということや
今回のメインテーマともなるべき部分でもあります。


ここで茨木先生はこのようにお話しされています。

「普通、解剖学で神経を学び始めると首の神経から学びますが、
 ごちゃごちゃしていてわかりにくい…

 そうすると、覚えて何になるの?という思いになり、
 指先までたどり着かず挫折してしまう…

 私もそういう経験を何回もしてきました…」


ですから、茨木先生ご自身、身をもってご経験された上で
末端の神経から学ぶわかりやすさ、楽しさというものを伝えられています。


先生は茨木先生が話されたようなご経験はありますか?

「うんうん」とうなずかれていますか?
それとも神経学についてはもう理解していると思われていますか?

いずれにしろ、次にご紹介するこの末端の神経からのテクニックは、
未知の領域だと思います。

きっと先生の臨床に役立つテクニックが手に入れられることでしょう。






今回は、茨木先生にしびれの臨床・下肢編として、
下肢の神経11種に対して絞扼性神経障害へのテクニックを公開して頂きました。


そのテクニックをご紹介する前に

絞扼性神経障害がどういう状態であるのか
マイオモーションの原理とともに説明しますと、

“筋肉が収縮すると最短距離を取って直線的に
 筋線維が変位することにより、

 筋肉の間の狭い箇所を通っている末梢神経線維が
 挟まれてしまい、神経線維の可動性も失うため、

 絞扼いわゆる締め付けられ、しびれの神経障害を起こす。

 その神経が挟まれる障害のことを
 絞扼性神経障害(entrapment neuropathy)という”


このようなことなのです。

ですから、講義内容で解説されているように、
手や足先のみのしびれの場合、末梢神経性と考えられ、
絞扼性神経障害へのテクニックが有効だということなのです。



それでは、お待たせしました。

下肢の神経11種に対してのテクニックをご紹介致します。


いかがでしょうか。

細かい神経までも解説されているのですが、ただ単に神経に対しての
テクニックを解説されているわけでありません。

ここに茨木先生のテクニックが理解しやすいことや
すぐに臨床で実践して頂ける要素があります!


そのわけは、、、、、、

  • 神経の位置や絞扼箇所などをパワーポイントで解説
  • 各神経障害について例をあげて症状を解説
  • 検査法をデモンストレーションで説明
  • 神経と筋肉をわかりやすくチューブであらわしている
  • 骨模型でも神経と筋肉の位置、絞扼箇所などを解説


ということなのです。

プラスとしてDVDでは多角なカメラアングルでもご覧頂けますので、
より一層、理解を深めて頂けます!


ですから、もし先生が難しそうだなと感じられているならば、
その考えは覆されるでしょう。

さらに、もちろんセミナー中のビフォーアフターも
バッチリ撮影しております!


こちらをご覧下さい!


写真の通り、坐骨神経、後大腿皮神経へのテクニックの前に
SLRの検査を行い、身体の状態を確認するのですが、

実際の動画でも、上がっている足の角度がわかりやすいように
赤ライン(施術前)オレンジライン(施術後)を入れ、
どれだけ変化が出ているかご覧頂くことができます。


一番上の写真の施術前では、モデルになっている受講生の先生は
右足を上げると右臀部に痛みが出ると話されます。

その状態からまずは、坐骨神経のMMTを行うため、
どの部位にアプローチするのかわかりやすいように

梨状筋と内閉鎖筋の筋肉と坐骨神経の位置関係を
チューブを使ってわかりやすく説明し、

その上で、術者は梨状筋に対して
どのように操作を行うのかを解説されます。


この解説は、実際見えない筋肉と神経を視覚で捉えられるかのように
イメージできるので、しっかり理解してから手技を行えます。


さらには、きっちり改善せるために、
なんと、ダブルモーションテクニックで
大腿骨の調整もして頂きました。

すでにダブルモーションテクニックをご存知の先生も
いらっしゃるかもしれませんが、

マイオモーションとダブルモーションの組み合わせも
セミナーDVDでご覧頂けるので、見ごたえ抜群です!


そしてその結果が中央の写真です!

先生いかがでしょうか・・・。

オレンジラインのところまで足が上がっています。
また、動画ではスムーズに足が上がる様子もわかります!

さらにさらに、一番下の写真は後大腿皮神経へのテクニック後の
写真なのですが、足の上がりがオレンジラインを超えていますので、
いかに効果的なテクニックであるのかをご理解頂けると思います。


この他にも数々のビフォーアフターを撮影していますので、
ご注目頂きたいです!!


それではこれから、今回の「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD
<しびれの臨床・下肢編>」に収録されている内容をさらに詳しくご紹介していきます。


DVD目次

総論 末梢神経学

  • 神経根の解剖

  • 神経根性と末梢神経性〈2つの知覚異常の分布の違い〉

  • 感覚神経と運動神経の量の違い

  • 神経根性の障害が起こるとどうなるのか

  • 椎間板ヘルニアと診断を受ける人が多い理由

  • 上肢は感覚神経・下肢は運動神経が障害を起こしにくい

  • 神経は末端から学ぶと理解しやすい

  • 神経線維にも可動性が必要

  • 絞扼性神経障害について

各論 絞扼性神経障害のテクニック

  • 1 総足底趾神経

  • 2 足底神経

  • 3 脛骨神経

  • 4 深腓骨神経

  • 5 浅腓骨神経

  • 6 総腓骨神経

  • 7 坐骨神経

  • 8 後大腿皮神経

  • 9 閉鎖神経

  • 10 大腿神経

  • 11 外側大腿皮神経

閉じる

以上の内容を総収録時間、3時間35分10秒という
ビックボリュームでお届けさせて頂きます。


また、上記の内容から今回のDVDにはいかにありえないくらい濃いテク二ックが収録され、
ご覧頂けるのかということをご理解頂けると思っています。

このDVDをご覧頂いた先生が
手に入れられるメリット

  •  末梢神経学をわかりやすく学ぶことができる
  •  間違いやすい神経の役割、違いついて学ぶことができる
  •  神経の解剖学用語を学ぶことができる
  •  しびれがどこからの原因なのか理解できる
  •  椎間板ヘルニアの判別方法を知ることができる
  •  しびれが発生する状況や症状を知ることができる
  •  筋肉と神経の位置関係を知ることができる
  •  下肢の神経11種の神経障害へのテクニックを学ぶことができる
  •  神経を動かしている感覚を掴むことができる

閉じる



いかがでしょうか?

以上がこの、「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD
<しびれの臨床・下肢編>」をご覧頂くことで、
先生が得ることができるメリットです!

専用テキスト


セミナーで実際に使ったテキストをDVDにセットとしてお付け致します。

こちらのテキストですが、DVDにセットされているという枠を越え、
はっきりいって、このテキストだけでも治療家に特化した神経学を学べます!


また、テクニックについても細かく解説されているので、
非常に価値のあるものです。


例えば、各神経に対しての解剖、症状、調整と3段階にわかれての記載や
写真とイラスト図も掲載され、わかりやすくまとめられています。


ですから、さらにDVDと合わせてご利用頂けるとより理解が深まり、
セミナーにご参加できなかった先生でも
リアルにセミナーを受講したような状態になります!!


閉じる

特典2 絞扼性神経障害によって起きる
後頭下筋の痛みへのMMT



今回、本編で公開されているのは、しびれの臨床・下肢編ということですが、
こちらの特典動画では、なんと!

頚椎から後頭部にかけて伸びる神経の絞扼性神経障害によって起きる、
後頭下筋の痛みへのマイオモーションテクニックを特別に公開して頂いています。


頚椎とその周りの筋肉の位置や関係性、
頚椎から後頭部にかけて伸びる神経の絞扼性障害で起こりやすい環境や症状、

また、頭痛の症状に間違われやすいことなど例をあげて
丁寧に説明して下さっています。

その上で、後頭下筋の痛みへのマイオモーションテクニックについて
指のポジションやベクトル、患者さんにどのような動作をしてもらいながら
施術していくのかなどご覧頂くことができます。

最後に後頭下筋の可動域の変化も、ビフォーアフターでバッチリとご覧頂けます!!

※こちらの特典2に関して、詳しくはDVDお届けの際に同封している
 感想記入用紙に記載しておりますのでそちらをご覧下さい。





閉じる

特典3 身体が前屈しやすくなるMMT



こちらの特典動画は、前屈しやすくなるマイオモーションテクニックを
公開して頂いています。

施術前にモデルに前屈してもらって検査すると、
膝裏あたりに痛みが出て伸びきらず、

あまり前屈できていないという状態のところを
本編DVDで紹介されているテクニックを使って改善していきます。

身体が硬い方は、恐らくほぼ前屈が苦手で膝裏がつる感じや
痛みもあると思いますが、

筋肉を元の位置に戻すことで可動性が出て、
身体も動きやすくなります。

前屈しにくい時、筋肉がどのような状態になっているのかなどの
メカニズムについて解説されながら、

モデルさんのどこの部位に術者のどの部分を使ってアプローチするのか、
細かくレクチャーして頂いています。


テクニックはほんの数分で終わりますが、
最後は見事にモデルが前屈しやすくなっている映像もご覧頂けます。


すぐに実践でき、改善の変化もわかりやすいテクニックですので、
先生の手技の一つに加えて頂ければと思います。


※こちらの特典3に関して、商品発送メールにてお知らせする
 ホームページアドレスもしくは商品同封の用紙に記載している
 ホームページアドレスからご覧頂けます。







通常の特典は以上となります・・・。

はい!そうです!

まだまだ特典をご用意しています!!
こちらは、きっと先生に喜んで頂ける特典に違いないです!!

では、ご紹介致します!!


閉じる

スペシャル特典 茨木英光の即興!症状別臨床動画DVD〜<受講生参加型>股関節の痛み&椎間板ヘルニアへのアプローチ〜



「茨木先生、実は今日、参加されている受講生の先生の症状に対して
 茨木先生の臨床施術を撮影させて頂きたいのですが・・・・」

「そして、その場に他の受講生の先生にも参加して頂き、
 指導や解説をして頂きながら、どのような変化があるか
 体験してもらってもよろしいでしょうか?」


セミナー当日、ダメもとで茨木先生にこのように伺いました。

茨木先生からのお返事は、、、、、

「いいですよ。やりましょう!
 どんな感じになるんでしょうね」


と、快諾して頂き、今回の臨床動画DVDをスペシャル特典として
先生にお届けできることになりました。

臨場感あふれるテクニックの連発なので見ごたえ十分です!

それでは、その詳細をお伝え致します。

まず、受講生の先生の症状は、

2、3ヶ月前から左股関節の痛みが続き、
階段の上り下りでも痛みがある状態とのでした。







実際、茨木先生の臨床施術が以下の流れで行われていきます。



最初の触診時は左股関節が外側に出ていたのですが、
最後に参加されてる受講生の先生にも

股関節の状態を左右比べて頂き、
改善していることを確認して頂きました。


もちろん、施術を受けられている先生も痛みが軽減したと話されています。




続いては、

急遽、弊社女性スタッフが茨木先生の臨床施術を受けることになり、
そして撮影させて頂くことになりました。

急遽??

そうなんです・・・。

実は、、、、本来撮影は時間の都合上1人の予定でした・・・。

ではなぜ、茨木先生に施術をして頂くことになったのかといいますと、

その施術を受けた彼女は撮影スタッフで、当日も撮影をしていたのですが、
今回の茨木先生の椎間板ヘルニアについての講義で、こう思ったそうです。

「あれ、これ私のこと・・・!?」

そうなんです。

実は、彼女は数ヶ月前に腰痛で病院行ったところ、
医師から椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と診断され、
病院に通院していたのです。


しかし、痛みは治まらず、腰に注射を打ってもらいながら、
痛みを和らげているという状態とのことでした。




症状を確認し、以下の流れで臨床施術が行われていきます。


さらに今回は、なんと、1人の受講生の先生ととも検査やテクニックを行い、
茨木先生が指導、解説をしながらすすめる形式でご覧頂くことができます。


それにより映像をご覧頂く先生も、自分が指導を受けているような
感覚になられることでしょう。

それではここで、実際に臨床施術に参加された先生の
ご感想を動画でご覧下さい!!





なお、今回は、今までの茨木先生の臨床動画の中でも一番リアルな症状や
どこを触っても痛みがひどいという者への施術となっているので、

その痛みとどう向き合うのか、どのように施術を展開していかれるのかも
かなりの見所となっています!


また、もちろん最後には、腰の痛みが軽減されて可動性も出ているところも
ご覧頂くことができます。


椎間板ヘルニアと診断された方や、強い腰の痛みを持つ方へ
どのように施術をしたら良いのか、ご参考にして頂ければと思います。


なお、文字だけではわかりにくい部分もあるかと思いますので、
実際の臨床動画DVDの内容はサンプルムービーをご覧下さい。

閉じる

選べる!オンライン特典
オンライン動画視聴サービス


特典はまだまだあります!!

「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>」のセットに加えて、
ビッグなプレゼントをお付けさせて頂きます!!

先生、驚かないで下さい…

なんと、
「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>」の本編映像を…

オンライン上からパソコンやスマートフォン、
タブレット端末などから、ご覧頂けるという「超ビッグな特典」です!!



施術中や施術の合間、外出先等でスマートフォン・タブレットはもちろん
パソコンでもすばやく本編動画が視聴可能です!!


というわけで、今回のDVDセットには、通常の「DVDセット」とは別に、
WEB上で本編動画をご覧頂ける「オンライン動画視聴サービス」が付いた
「本編DVD+オンライン動画視聴サービスセット」をご用意させて頂きました。


近年、スマートフォンやタブレットでも簡単に視聴できるサービスも急増し、
動画配信サービスが当たり前になってきました。

実際に先生も、この数年でスマートフォンやタブレット端末などで、
動画を観る機会が増えたのではないでしょうか?

そんな中、
「自分の好きなところでいつでもテクニック動画を観られたらいいのになぁ」

と思われたことはありませんか?

というわけで、そんなお気持ちにお答えするために…

先生のお好きな場所やタイミングで、本編の映像を時間や場所を問わずに、
スマートフォンやタブレット端末などからすぐご覧頂ける環境を
ご用意させて頂きました!


視聴方法は簡単です!

動画をオンライン上からすぐにご覧頂ける専用サイトを、
ご用意させて頂いておりますので、そのサイトへアクセスして動画を
再生して頂くだけです!



パソコンからの視聴はもちろんのこと、タブレットやスマートフォンなどで再生可能なので、
例えば、先生の治療院のスタッフさんと、施術の合間などに動画を一緒にご覧頂き、
その内容をすぐにシェアして頂くことなども可能です!


というわけで、先生はマイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>
の本編映像を、さまざまな状況に応じて、DVDとオンライン動画を使い分けてご覧頂けます!


※ただし、こちらの「本編DVD+オンライン動画視聴サービスセット」には、
 62日間返金保証はお付けできかねますので、予めご了承お願い致します。

※『オンライン動画視聴サービス』でご視聴できる動画は、
 本編DVDの映像と同じものになります。

※本サービスのご利用にはWifiなどのインターネット環境に接続する必要がございます。

閉じる



先生がここまでお読み頂いているならば、何かしら興味を持ち、
もしかしたら、何かを受け取って頂いていると思います。

しかし、逆に何もご期待されない場合は、
残念ですが、ここから先はお読み頂かなくても結構です。

今回の「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD<しびれの臨床・下肢編>」では、

末梢神経学として、解剖学やメカニズムから神経障害に対しての11種の
マイオモーションテクニックを茨木先生に公開して頂きました。

手技療法家が難しいと感じているもしくは手がつけられていない神経障害の領域を、
茨木先生が見事に筋肉施術により改善する方法を披露されています。


繰り返しになりますが、解剖学書ではその内容が淡々と書かれているため、
理解しにくく実践的ではないですが、

その一方で、茨木先生の解説は誰もがわかりやすいメカニズムを打ち出し、
それを基に導き出されているテクニックですから、先生が納得のいくものを
お見せできると思っています。


特に茨木先生はこのような大切なキーワードを話されています。

「指がどうすればいいのか教えてくれる」
「目でみるのではなくて、感じる」


このキーワードを意識しつつ、DVDをご覧頂きたいと思います。

それではここで、今回のセット内容をまとめさせて頂きましたので、
改めてご紹介致します。



  • 本編DVD
  • 臨床DVD
  • テキスト
  • 特典2
  • カウンセリングシート


改めていかがでしょうか・・・。

先生が習得される上で、全て必要であり、サポートできるセット内容です。

特に臨床動画では、今回初の取り組みである受講生の先生方にも参加頂き、
茨木先生に即興で各症状に対しての臨床施術を行って頂きました!

何が凄いかと言いますと、やはり、臨床施術中に受講生の先生に
身体の変化をみて頂いたり、指導されている場面もご覧頂けるということや

なんといっても椎間板ヘルニアと診断された者への施術を行い、
どこを触っても痛いという状況の中、茨木先生はどう対応していくのか…
テクニックを展開されていくのかという場面をご覧頂けるのです。


もし先生も同じご経験があるのならば、非常にご参考にして頂けると思います。

最後に改めて、今回の教材についての気になるポイントを
まとめさせて頂きました。

  • 神経学をわかりやすく勉強できたことがない
  • しびれに対して患者さんへわかりやすく説明できていない
  • 患者さんのしびれの症状がなかなか改善できない
  • 手技療法家のための神経障害に対してのDVD教材が必要である

先生は、この気になるポイントについて
   何か一つでも思い当たることはありますでしょうか?
        もしくは、何か気づいたことがありますでしょうか?


なぜ、先生にこのようなご質問をするのかと言いますと、
今回のDVDについて改めてお考え頂きたいのです。

手技療法業界で知られている数々の末梢神経学の書籍がありますが、
その中でも、例えば先生もご存知の
「末梢神経マニピュレーション」という書籍があります。

文章とイラストで構成され、もちろん勉強できる教本なので、
お値段も1万円以上と少し高めですが、

しかし、書籍だけでは臨床で実践することも施術を完結させることも
はっきり言って不可能に近いです。

その証拠に、しびれの臨床が苦手で症状を改善させることは難しいと
思われている先生が多くいらっしゃると思います。

それにも関わらず、これまで手技療法家が臨床施術を行うための
映像化されたDVDはなく、現在も他では存在しないでしょう。

しかし、今回のDVDでは、今まで映像化されていなかった末梢神経学が
誰でもわかりやすくマスターでき、しびれの症状をその場で改善できる
テクニックを先生に受け取って頂けるのです。


このことからも、いかに今回のDVDの価値が非常に高いことを
ご理解頂けると思います。


そして、それを全てひっくるめた上でご紹介してきました
「マイオモーションテクニックアドバンスセミナーDVD
<しびれの臨床・下肢編>」の金額をお伝えさせて頂きます。






※今回のDVDセットには、通常の「DVDセット」とは別に、
WEB上で本編動画をご覧頂ける「オンライン動画視聴サービス」が付いた
「本編DVD+オンライン動画視聴サービスセット」をご用意させて頂きましたので、
ご購入の際にはどちらかをお選び下さいませ。

※ただし、「本編DVD+オンライン動画視聴サービスセット」には、
62日間返金保証はお付けできかねますので、予めご了承お願い致します。


お好きなお支払い方法をお選び頂けます。VISA、MasterCard、JCB、AMEX


※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社の
セキュリティーシステムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のため
SSL暗号化通信を採用しています。

ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。



「保証があるわけじゃないのに、教材に高いお金は使えない」
「もし試して上手くいかなかったら…という気持ちが拭いきれない」
「新しい施術を提供したいけど、どうしても不安がある」

こうした不安は当然のことです。

しかし、先生は今、こうした不安を抱きながらも、
前に進まれようとしているのではないでしょうか?

私たちは、そういった先生のお気持ちこそ大切にしたいと考えております。
という訳で、先生の抱かれている不安を少しでも解消する意味を込めて、
期間は62日間と限定しておりますが「完全返金保証」をお付けしたいと思います。

教材の内容、実践した結果に、万が一不満を抱かれた場合、
教材のお買い上げ日から62日間の以内であれば、理由を問わず、ご返金させて頂きます。

もちろん、お支払い頂いた金額全てをご返金致します。
返送代金、振り込み手数料、事務手数料はすべて当社が負担致します。

なお、買った教材を観ずに、62日間も放りっぱなしにするケースは、
ほとんどないかと考えます。

つまり、教材を購入するにあたり、先生のリスクは“ほぼゼロ”なのです。

この保証に込められた想いは、先生が踏み出そうとされる一歩を、
少しでも私たちが支援できれば、という点に尽きます。

限りなくノーリスクの教材、是非ともご検討下さい!



※ただし、「本編DVD+オンライン動画視聴サービスセット」をご注文の場合は、 62日間返金保証はお付けできかねますので、予めご了承お願い致します。



お好きなお支払い方法をお選び頂けます。VISA、MasterCard、JCB、AMEX

DVDをご購入された方の感想

セミナーに参加された方の感想

よくあるご質問 -Q&A-

  • 今までのダブルモーションテク二ックシリーズのDVDを観ないと
    今回のマイオモーションテク二ックは理解するのが難しいでしょうか?
     

    いえ、ご心配ありません。
    今回のマイオモーションテク二ックですが、過去の茨木先生のDVDシリーズを
    観なければ理解できないというわけではありませんが、

    マイオモーションテク二ックセミナーDVD1、2弾をご覧頂ければ、
    今回の内容をさらに深く理解して頂けるでしょう。

  • DVDを観たらすぐに使える内容ですか?

    はい、すぐに臨床で使って頂けます。
    今回、このセミナーDVDで公開されている内容は、誰でもわかりやすい講義とテクニックで
    構成されているので、基本的にすぐ臨床で使って頂けます。

  • 力を使ったマッサージ的な施術をしているのですが、そんな私でも導入できますか?

    はい、導入できます。
    このマイオモーションテク二ックは、日頃、どんなテク二ックをお使いの先生でも
    導入して頂ける内容となっています。

    しかも、今回、茨木先生がレクチャーして下さっているテクニックは、
    現在の手技療法業界では存在しない極めて革命的な内容であり、

    即効性のある手技ですので、先生が普段からお使いのテク二ックと混ぜ合わせて
    使って頂ければと思います。

  • DVDを購入したいのですが分割払いはできますか?

    クレジットカードでご購入の場合は可能です。
    お持ちになっているカード会社にお問い合せ下さい。

  • 62日間完全返金保証がついていますが、
    内容に満足しなかったら本当に返金してくれますか?

    もちろんご返金させて頂きます。
    しかし、最初から返金目的でこのDVDをお求めになるのならば、ご購入をお控え下さいませ。
    このセミナーDVDは、講師である茨木先生をはじめ様々な人間が真剣に取り組んで制作したものです。

    ですから、内容を見ただけで実践して頂けない先生には、ご購入をお断りさせて頂いています。

    もちろん内容を実践して結果が出ないような場合などは、
    62日間の間でしたら喜んでご返金させて頂きます。

  • インターネットの申し込みが不安なのですが…。

    もし、先生がネットでのお買い物に不安を感じておられるならばご安心下さい。
    先生のパソコンとサーバ間のネット通信は特別なSSL暗号通信により暗号化されますので、
    ご記入頂く内容はすべて安全に送信されます。ご安心下さいませ。


お好きなお支払い方法をお選び頂けます。VISA、MasterCard、JCB、AMEX

閉じる



先生、こんにちは。
茨木英光です。

今回は、マイオモーションテクニックのアドバンスとして、
しびれの臨床・下肢編を公開しました。

私はセミナーで、常々「筋肉や神経を自分の手で感じ取って下さい!」
と先生に呼びかけています。

なぜ声を大にしてそのように伝えるのかいうと、

私は今まで、覚えにくい、複雑すぎてわかりにくい解剖学などを
勉強する中で、実は何度も挫折してきました。

その度に自分との葛藤を抱き、悔しい思いもしてきました。

そのせいで、何より患者様の身体の改善に繋げられないという
歯がゆさも味わいました。

これを読まれている先生の中でも同じようなご経験はあると思います。

でも私は諦めません。

自分が治療家である限り、患者様がいらっしゃる限り、
最善をつくしたいと思っています。

また、多くの治療家の先生が自分と同じ思いをしているのならば、
自分が勉強して培ってきた、辿り着いた方法を

“できる限りわかりやすく伝えたい!”

いつもそう思っています。

それが、その先の先生の患者様へも繋がります。

しかし、いくら私が理解しやすく解剖学を伝えたり、
先生へ手取り足取り教えたりしても、先生の実際の臨床の場では、
きっかけに過ぎないのです。

なぜならば、私は先生と先生の患者様との関係性、
身体の状態を把握することはできないからです。

つまり、私が教えているものが全てではなく、先生の身体と患者様の身体の感覚を
先生ご自身で捉えることができ、

また、身体の変化を先生と患者様が
互いに感じることができるようになって欲しいのです。

DVDをご覧頂いている先生にも、できる限りその感覚が
テクニックの操作からも伝わるように、カメラアングルも意識しながら伝えています。

ですから、先生が何度も繰り返し実践して頂ければ、先生の身体が、
もっというと先生の指がどうしたいのか自然に教えてくれると信じています。

これからも私は、できるだけ多くの先生にその感覚を
捉えて頂けるように教えていきたいと思っています。

それでは、また、セミナーなどでお会いできることを
楽しみにしています。

どうも有り難うございました。




お好きなお支払い方法をお選び頂けます。VISA、MasterCard、JCB、AMEX





お好きなお支払い方法をお選び頂けます。VISA、MasterCard、JCB、AMEX