• home
  • 日本人体解剖学 下巻


【内容】

実物標本による正確で精密な描画図を多数収載し、局所解剖にも十分対応できる内容となっています。今改訂では、全3巻を上・下2巻に濃縮し、使いやすいように工夫されました。意欲ある初心者には扱いやすく、解剖学を深めていった人には、知れば知るほど、その良さが実感できる書籍となっています。
下巻では、循環器系・内蔵・感覚器を網羅!循環器系では動脈、静脈などの血液循環、また、血液循環に不可欠な心臓については20頁、リンパ系に関しては30頁以上も扱われ、上巻同様、働きや発生学的に関する記述が詳しくなされています。

  • <目次>
  • 1 循環器系
    • 機ソ朶調鏃蓮柄輜澄
      • A.循環器系の構成
      • B.心血管系
      • C.リンパ系
    • 供タ澗
    • 掘デ拿朶
    • 検ヂ僚朶-動脈
      • A.大動脈
      • B.上行動脈
      • C.大動脈弓
      • D.腕頭動脈
      • E.脳と脊髄の動脈
      • F.鎖骨下動脈、腋窩動脈、上腕動脈とその枝
      • G.胸大動脈
      • H.腹大動脈
      • I.総腸骨動脈
      • J.内腸骨動脈
      • K.外腸骨動脈、大腿動脈、膝窩動脈とその枝
    • 后ダ徒
      • A.上大静脈
      • B.下大静脈
    • 此ヂ枩鹸の血液循環
    • 察ゥ螢鵐儼
      • A.リンパ管とリンパ節
      • B.胸管とリンパ本幹
      • C.身体の各部におけるリンパ管およびリンパ節
      • D.胸腺
      • E.膵臓
  • 2 内蔵学
    • 機ソ論
      • A.中空性臓器
      • B.実質性臓器
      • C.体表における基準線(面)
    • 供ジ撞朶鏃
      • A.鼻
      • B.咽頭
      • C.喉頭
      • D.気管
      • E.気管支
      • F.肺
      • G.胸膜
      • H.縦隔
    • 掘ゾ嘆輯鏃
      • A.口腔
      • B.口腔腺(唾液腺)
      • C.歯、ハ(歯牙)
      • D.舌、シタ
      • E.口峡
      • F.咽頭
      • G.食道
      • H.胃
      • I.小腸
      • J.大腸
      • K.肝臓
      • L.膵臓
      • M.腹部消化器系の発生
    • 検ト臟器系
      • A.腎臓
      • B.尿路
      • C.泌尿器の発生
    • 后ダ舷4鏃
      • A.男性の生殖器
      • B.女性の生殖器
      • C.生殖器の発生
      • D.胎児
      • E.会陰
    • 此ナ∨
      • A.腹膜
      • B.腹膜の広がり
      • C.腹膜および腹膜腔の発生
    • 察テ睚泌液
      • A.下垂体
      • B.松果体
      • C.甲状腺
      • D.上皮小体(副甲状腺)
      • E.副腎(腎上体)
      • F.パラガングリオン
  • 3 感覚器
    • 機セ覲亟
      • A.眼球
      • B.眼筋
      • C.眼瞼(マブタ)および結膜
      • D.涙器
      • E.眼の発生
    • 供ナ森嫩鯵亟
      • A.外耳
      • B.中耳
      • C.内耳
      • D.発生
    • 掘ビ務亟
    • 検コ鞍
      • A.皮膚
      • B.毛
      • C.爪
      • D.皮膚腺
      • E.乳房(チブサ)
      • F.皮膚の脈管および神経
  • Index
    • 日英ラ索引(日本語-よみがな-英語-ラテン語)
    • 英日ラ索引(英語-日本語-よみがな-ラテン語)

【著者紹介】

金子 丑之助<原著>
金子勝治<改訂>
穐田真澄<改訂>


おすすめ!!ポイント

下巻では「循環器系」「内臓系」「感覚系」を完全網羅!
上下巻ともに一貫するのが「本格的な解剖図譜」との位置付けであり、解剖学書の定番として、永く利用されている参考書です。
解剖学に関連する隣接諸科学をコンパクトに解説し、目次、索引が詳細で、懇切丁寧に記述されています。
簡潔な記述は要所を押さえられており、原点を見直すうえでもとても有効で、一冊は持っていたい解剖学の決定版!


この本を読めば...。

解剖学がわかりやすくまとめれている

非常に繊細な図で、細かい部分まで網羅されている

簡潔な記述で要所を押さえっているので、人体の原点を見直すうえで、
とても有効である



こちらの先生もおススメしています!

茨木 英光




日本人体解剖学 下巻
循環器系・内臓学・感覚器


販売価格: 10,000円(税別価格)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社の
セキュリティーシステムを利用し、個人情報保護・セキュリティー
強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。