• home
  • 臨床オステオパシー医学<下巻>


【内容】


オステオパシー医学は、生体を形成する全ての器官の運動や活動、病変に関連する巨大な医療体系である。その最大の目的である機能的疾患へのアプローチとして、多くの臨床テクニック (検査法、治療技術)を豊富な写真、図版で詳細に解説。下巻は頭痛、側頭下顎関節障害、三叉神経障害、めまい、耳鳴り、頚椎障害など。
  • <目次>
  • 第1章 頭痛
    第2章 その他の頭痛(特殊な頭痛)
    第3章 頭痛テクニックの実際
    第4章 頭痛と側頭下顎関節障害
    第5章 三叉神経障害
    第6章 めまい、耳鳴り
    第7章 頚椎障害
    第8章 頚椎障害テクニックの実態
    第9章 肩腕症候群

【著者紹介】

S.パリッシュ・サーバッジュー(SAEED.SARVATJOO)
1980年来日以来、日本武道医学の創始者中山清先生の師事を受け、その研究と努力が師に認められ、二代目を受け継ぐ。現在日本在留。 世界各地で行われている各種伝統医学、手技医学を調査、研究し、武道医学の他、特にオステオパシーおよびカイロプラクティックの研究が深い。日本少林寺武道専門学校・師範科卒。


おすすめ!!ポイント

臨床をする上でとてもよくまとめられている本で かなり実践向きの本であると思います。 頭痛、さらにはめまい、三叉神経障害頚椎の障害、 そして頚腕症候群などの症状をベースに施術テクニック が詳細に説明されているために読んですぐに臨床で 使うことができます。上肢のオステオパシー手技を 学ぶ上で持っていても損はない書籍です。


この本を読めば...。

臨床向きに書かれた本ですので非常にとっつきやすく使いやすい

テクニック写真が多いのですぐにイメージがしやすい

1冊の本でほぼ上肢の施術を網羅できるほどのテクニックを収録



臨床オステオパシー医学<下巻>

販売価格: 15,000円(税別価格)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社の
セキュリティーシステムを利用し、個人情報保護・セキュリティー
強化のためSSL暗号化通信を採用しています。

ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。