• home
  • クリニカル椎間板テクニックセミナーDVD

今回のセミナーDVDは椎間板の問題、とくに椎間板ヘルニアの問題に臨床手技療法家はどのように施術していくべきなのか? そして椎間板に対して効果的な検査、分析、施術はどのようなものなのかをすべて公開いたします。椎間板ヘルニアを抱えている患者さんを完璧にフォローしたい先生は以下をどうぞ読み進めて下さい。



然ですが…

内容を説明する前に、実際にセミナーに参加して下さった先生から実際の臨床で今回のセミナーでご紹介させて頂いた「椎間板テクニック」を実践された喜びの声をひと足早く頂きましたので、是非ご覧下さい。



それでは、上記の感想を頂いたテクニックを収録した「クリニカル椎間板テクニックセミナーDVD」の
詳しい内容の説明をさせていただきます


From: 古谷 眞寛
PM  8時57分 木曜日
大阪府 泉佐野市

こんにちは、カイロのホントのところの古谷です。

このたび、私の“念願”であった椎間板セミナーを
ついに公開させて頂くことができました。

実はこの椎間板セミナーは、かなり前から構想があったのですが、
良いものを提供したいという想いから、臨床テストを何回も繰り返して、
ようやく公開にこぎつけました。

そのぶん、今回のセミナーは、「臨床の椎間板ヘルニア」にとことん切り込んだ内容のセミナーとなりました。そして、そのセミナーを収録したものがクリニカル椎間板テクニックセミナーDVDです。

私の全精力をぶつけた内容となっていますので、どうぞ以下の詳しい内容をご熟読して頂ければと思います。では、よろしくお願いします。

<患者さんが施術院に初来院したときに、よくある会話…。>

患者「あの…病院で椎間板ヘルニアと言われたんですが・・・。」
私「はい。それで具体的に病院の先生にどんな説明を受けられましたか?」
患者「はい…。レントゲンをみながら説明されました。」
私「で、他に検査は?」
患者「いえ、何も…」
私「え!?他には何もしなかったんですか?」
患者「はい・・・。それでやはり改善しないものですから、こちらへ伺ったんです。」


こういうやりとりは今でこそ少なくなってきていますが、昔は実際によくこういう会話を患者さんとしました。

極端な例ではありますが、椎間板ヘルニアと病院で言われて・・・という話をする患者さんに、
まずはしなければいけないこと…

「それが本当に椎間板の障害なのか!?」です。

残念ながら、患者さんが私たち手技療法家のところに来られる場合は、
それがスタートになってしまいます。

患者さんの言葉を疑え!!」ではなくて、実際にそれを判断する知識と技術を
手技療法家は持たなくてはいけなくなっているのが現状だと思います。


レントゲンもとれない、MRIもないわけですが、私達ができる判断基準が他にもたくさんあるんです。
今回のセミナーでは、臨床手技療法家用に椎間板ヘルニアを判断する手だてを用意しました。


これは、ものすごい高確率と言わざるおえません!!

つまりは当院の調査票に腰痛と書いた患者さんの“17パーセント”が、
病院で椎間板ヘルニアと診断を受けているのです。

100人の腰痛患者さんがいるとすれば17人。200人ならば34人、300人ならば51人です。

これって多すぎると思いませんか???

病院での診断はすでに終わっている中、実際に、この“17パーセント”の方を、先生の施術院でも椎間板に本当に問題があるのかどうかを調べなければいけないわけです。

ですから、私達、施術家はこの17%の方をしっかり判別していく知識と技術が必要です。
今回のセミナーDVDの中にある講義では臨床での椎間板の分析に有効な
「聞き取り調査」「椎間板ヘルニアの特徴」そして「判断する方法」を余すことなく公開しました。

また、私の施術院の分析結果なども交えて、上記の判断する知識と技術の集大成を詳しく手順を
おって説明しています。

先生はこのセミナーDVDを観るだけで、まずは椎間板に本当に問題があるのかどうかを見破ることが できますし、それがわかっただけでも患者さんからの信頼はかなり厚いものになるはずです。


はい、椎間板施術の為の専用テーブルは確かに存在します。

しかし、私は椎間板を施術できるような専用テーブル(骨盤部分から下部分が上下に可動するタイプ)は今でこそ使っていますが、昔はそれなしでずっと椎間板のアプローチの施術をしていました。

今回は、その普通の施術用テーブルでできる椎間板施術を公開します。

さらにもう1つ事実を公開すると、今回のセミナーでは、臨床例を説明しているのですが、全ての臨床例、施術例は専用テーブルではなく、今回のセミナーの実技で公開しているものを使っての施術です。

ですから!!

専用テーブルがないと椎間板は施術できないということはありませんし、
効果がでないということは一切ありません。


ただし、私がセミナーDVDで使用している普通の施術用テーブルでできる技術は、専用テーブルと同じような効果を出そうと思うと「一工夫」必要になってきます。

今回のセミナーDVDで公開しているそのテクニックは、椎間板を良い状態にもっていくために師匠から 受け継いだものを私自身が理解し、臨床で試して実際に結果を出した方法です。

椎間板を施術するテーブルは現在、だいたい約50万円ほどいたします。
海外の専用テーブルでしたら100万円オーバーはざらにあります。

私自身、開業時は大変苦労したものですから、上記のような高価なベッドなどはもちろん買えるはずも ありませんでした。

結局、椎間板の施術をするために、いつも使っているテーブルで何とかできないものかと考えたものが 今回のクリニカル椎間板テクニックセミナーDVDで公開している技術の基本となっています。

くどいですが、もう一度書きます。
今回の椎間板の施術は、その高価な専用テーブルは必要ありません。
このセミナーDVDを観て頂ければ、高価なベッドを買わずとも施術が可能となります。


椎間板ヘルニアと一口にいってもいろんなタイプがあります。

今回のセミナーで公開しているタイプというものは、今までに教科書などで書かれているような、

例えば…「内側ヘルニア」「外側ヘルニア」とか「ヘルニアのぼう隆、脱出」というような分け方ではなく、臨床的で施術につなげていくための私自身のオリジナルのものです。

おそらく、今まで椎間板の施術をしてきた臨床家の先生は、このタイプ別にかなり納得されるのではないかと自負しています。

このタイプ別は臨床で本当に使いやすく、ヘルニアの施術をしていく時の指針となり、さらに施術計画なども立てやすくなります。

セミナーDVDをご覧頂いた次の日から、先生の施術院で椎間板ヘルニアの患者さんのタイプを判別できる方法と、そのパターンを知ることができます。


さきほどの椎間板ヘルニアのタイプ別ですが、そのタイプは“3タイプ存在します。

その3タイプの特徴を一つ一つ講義で説明させて頂いています。

タイプ別では、どの年齢層でどういった方がどのタイプになりやすいのか?
さらには臨床的特徴は何か?どういった訴えや動作をするのか?


という細かなところまできっちり説明させて頂いています。

そして、タイプの判別が終われば、そのタイプ別の施術をしていくわけですが、
もちろんその施術法が一番大事な部分ですので、実技を通して公開していきます。

例えば具体的に言うと、

タイプ1の方の椎間板を循環させるポンプテクニック、タイプ2の方の筋肉・靱帯の施術、
そしてタイプ1と2に共通した椎間板を「フリー」にして、椎間板の施術をしやすくする方法や
タイプ3の方への筋肉アプローチなどなど、

こういったことを、全てわかりやすくデモンストレーションをしながら指導させて頂いていますので、
すぐに身につけることができるでしょう。

そして、今回のタイプ別の施術は、もちろん私自身の施術院で実施しているものですので、
今までもたくさんの患者さんがそのタイプ別の施術を受けて改善されています。

その中で、今回、当院で椎間板の施術を受けられた2人の方からご感想を頂けましたので、ご紹介させて頂きます。

ページの関係上、お二方のご感想しかお見せできませんが、それぞれに今回のクリニカル椎間板テクニックセミナーDVDで公開しているタイプ別の施術を受けた方です。

それではどうぞ御覧下さい。





ご感想いかがでしょうか。

良い結果が出せた例ですが、興味深いのは上記のおふたりのタイプが「タイプ2」と「タイプ1」という、 全く違うタイプだったということです。

つまりは、同じような椎間板施術をお二人に行っていれば、可能性としてお二人のうち一人は、
未だに足の痺れで施術院を渡り歩きながら症状を悪化させていた可能性があるわけです。

タイプ別施術が万能ということを言いたいわけではないですが、どのような椎間板のタイプかを 見分ける力が、施術家には必要であることは間違いのないことだと思います。

私が、このセミナーDVDで公開しているタイプ別施術を、さらに先生のオリジナルのタイプにして、
どんどん良い結果を出して頂きたいと考えています。

まずは「調査」し「分析」して「見分ける」こと、これが重要です。

もちろん、その後に続く「施術」から「フォロー」というものも当たり前に施術家には必要になってきます。 今回のセミナーDVDでは、全てその部分をカバーしていますので、ぜひマスターして下さいね。

では、今からさらに今回のクリニカル椎間板テクニックセミナーDVDの詳しいご案内をさせて頂きます。 先生がほしいと思う内容がきっとそこにあると思います。どうぞ御覧下さいませ。



【内容(ラインナップ)】

■椎間板ヘルニアで知っておかなければいけないバイオメカニクス
>>>椎間板を施術する上で必ずといってよいほどに、でてくるメカニズムであり、知っておくだけでこ    のセミナーでも、もちろん将来も役に立つことです。

■椎間板ヘルニアと言われて…
>>>今回のセミナーでの講義は、臨床ベースで考えていくように組み立てました。この単元では患者   さんが、まずは施術院に来て「病院で椎間板ヘルニアと言われて…」と施術家に言ってきた時    に、そこでどうするのか!?というところから講義をいたします。

■当院で初回に「椎間板」ヘルニアと申し出た方の患者さんの実際は…
>>>当院で300人の患者さんの調査をしたところ驚くべき結果が出ました。
   そして、そこからさらに当院で椎間板ヘルニアに対しての調査をした結果を発表します。

■腰椎椎間版ヘルニアと病院で診断された患者さんの本当の症状と原因とは…
>>>手技療法家にとってはとても大事な事柄だと思います。病院で診断されたものを再度、調査しそ   して患者さんをよりよい方向にもってくための指針となるはずです。

■椎間板ヘルニアのみかた(聞き取り調査)
>>>椎間板ヘルニアの可能性のある患者さんには、どのような有効な聞き取り調査があるのか?そ   して臨床施術家が絶対に押さえるべきポイントはどこにあるのかを考えます。

■腰椎椎間板ヘルニアの特徴
>>>施術家が知っておくべきものとして、椎間板ヘルニアがどんなものかを熟知しておかなければい   けません。それは医学書ベースではなく、臨床ベースで知らなければいけないのです。臨床ベ   ースに落とし込んでいることにより、わかりやすく患者さんにも説明できるわけです。

■臨床での椎間板ヘルニアの判断
>>>椎間板ヘルニアの患者さんはどのような動作をとるのでしょうか?そして施術家は、その動作に   対してどのような判断を下していかなければいけないのか!?それをここでは講義します。

■臨床での椎間板ヘルニアの判断2
>>>ここの単元では、椎間板ヘルニアの可能性のある患者さんの「筋力チェック」についての講義を   しています。この部分も臨床ベースで素早くチェックできるような方法を公開します。

■腰椎椎間板ヘルニアの場合にチェックする、又は施術しなければいけない筋肉は?
>>>腰椎椎間板ヘルニアとわかれば、次に施術に入っていくのですが、椎間板の直接アプローチを    する前に必ずみておきたい、チェックしておきたい筋肉があります。その部分を説明します。

■椎間板ヘルニアとわかった!!その次は!!
>>>椎間板ヘルニアとわかれば、椎間板自体のチェックに入るのですが、私はこの時におおまかで    はありますが椎間板をタイプ別に分けます。

■椎間板ヘルニアの臨床3タイプ
>>>椎間板ヘルニアには臨床で3タイプのタイプに分かれます。タイプ1〜3までおおまかにあります    が、これは臨床ベースで導き出したタイプカテゴリーです。このカテゴリーはかなりの先生が納    得されると自負しています。

■椎間板ヘルニアの臨床3タイプの傾向
>>>椎間板ヘルニアの3つのタイプの傾向を年齢、症状、動作などにより判別する方法をここでお話   しています。これを知ることにより、しっかり3タイプに分けることができるでしょう。

■椎間板ヘルニアの臨床3タイプの判断
>>>最終的にどのように3タイプを判断するのか?そしてタイプ1.2.3の傾向と、タイプの移行に関し   てもここでお話しています。

■実際のところ臨床ではどのタイプが多いの?
>>>結局のところ、私たちの施術院にくる患者さんは、どのタイプが多いのかをここで発表します。こ  のタイプは断然臨床で多いと考えています。

■「椎間板ヘルニアタイプ1」の椎間板の施術
>>>ここからタイプ別でどのように対処していくのかをテキストベースでお話していきます。もちろん実  技のところでしっかり施術方法を説明していきます。

■「椎間板ヘルニアタイプ2」の椎間板の施術
>>>タイプ別の特徴を元に、実際にどのように施術していくのかを講義しています。より具体的な施術  例も示していますので、わかりやすいと思います。

■「椎間板ヘルニアタイプ3」の椎間板の施術
>>>タイプ3は特徴的なタイプですが、施術家として絶対に覚えておいたほうが良い方法です。これを   知っていることで、急性の椎間板の問題の対処ができるようになります。

■椎間板の施術では絶対に筋肉の施術ははずせない!!その理由は!?
>>>タイプ1.2.3の全てに必ず共通する施術。それが筋肉です。なぜならばそこには確固たる理由  があり、それは誰しもが納得する内容です。椎間板施術には筋肉施術は絶対なのです。

■椎間板施術後のフォロー(タイプ1)
>>>タイプ1の施術が完了した後に、患者さんをどのようにフォローしていくかを説明しました。椎間板  を良好にしていく方法として、フォローはかなり重要なものになっていきます。運動療法もきっちり  わかりやすく講義しています。

■椎間板施術後のフォロー(タイプ2)
>>>
タイプ2は主に生活上でどのようにしていくべきかにポイントを絞ってお話しています。施術+生  活指導でかなりの方が改善していくので、このフォローは大変重要になってきます。

■椎間板施術後のフォロー(タイプ3)
>>>
タイプ3もタイプ2と同じく生活上でどのようにしていくかがポイントとなります。タイプ3の方は運動  療法はむやみにしないほうが得策です。有効な対策方法を公開します。

■臨床例1
>>>52歳男性の臨床例をあげて、具体的にどんな主訴か、そしてチェックポイントはどこか?当院の  判定は?施術はどのようにしたのか?最後に経過とまとめをして、今後の先生の施術に参考に  なるようにしました。

■臨床例2
>>>14歳の中学生の臨床例です。臨床例1と同じく全ての項目をまとめてどのように施術したのか   ?そして経過はどうなったのかを説明します。

■椎間板に対してのアジャストテクニック
>>>カイロプラクティックアジャストは椎間板に対して有効かどうかをここで説明します。私自身の経   験もふまえて、椎間板とアジャストを再度考えてみました。

■クリニカル椎間板テクニックセミナーのまとめ
>>>結局のところ、臨床での椎間板テクニックはどのように考えていくべきなのか?
  そして施術の指針はどうなのかをここで説明します。重要なことは実は非常にシンプルです。
  椎間板の患者さんを一人でも改善できるように私たち施術家が目指すべきものを話します。


ここからは、クリニカル椎間板セミナーでご紹介したテクニックについてご説明していきます。
どうぞご覧下さい。

■椎間板施術の前に椎間板をフリーにしていくテクニック
>>>椎間板を施術する前にしなければいけないのが椎間板をフリーな状態にすることです。
  そのためには、その周辺組織を正常にしていかなくてはいけません。実技では以下の筋肉、関   節に アプローチして、椎間板を施術しやすいようにしていくテクニックを多数公開しました。

●腹臥位
1)中殿筋
2)小殿筋
3)腰方形筋
4)腰方形筋2
5)L4とL5の関節<その1>
6)L4とL5の関節<その2>
7)足を持ってL4にコンタクト

●仰臥位
1)腹部

●側臥位
1)腸脛靱帯
2)大腿部内側

■椎間板ヘルニア<タイプ1>の施術
>>> 椎間板ヘルニアに対してのダイレクトなアプローチ方法、そして専用テーブルを使わなくても、一般的なテーブルでできる方法をここで公開しています。ヘルニア実技の中心的な技術です。

1)椎間板ポンプテクニック
2)タイプ1の強い椎間板ポンプテクニック
3)椎間板ポンプテクニック(両足バージョン)

●タイプ1での自宅の運動療法のフォロー


■椎間板ヘルニア<タイプ2>の施術
>>>タイプ2でのダイレクトなアプローチ方法です。この方法ももちろん専用テーブルを使わなくてもできる方法です。ポンプテクニックは安全で効果の高い技術です。

1)椎間板ポンプテクニック

●タイプ2の為の周辺組織に対するダイレクトアプローチ
タイプ2特有の状態を打開するために、周辺組織をダイレクトにアプローチする方法を、一つずつ 説明しました。ここでは筋肉以外のところを施術することにポイントをおき技術を公開しています。

1)棘上、棘間靱帯(座位)
2)腸腰靱帯(座位)
3)前縦靱帯(座位)
4)腸腰靱帯(腹臥位)


■椎間板ヘルニア<タイプ3>の施術
>>> タイプ3はタイプ1.2とは違うアプローチを行いますが、最終的にはタイプ2のアプローチをしていきます。しかしながら施術初期はタイプ3特有の施術を行い、患者さんを改善させていきます。

●タイプ3の補足

以上、3時間21分29秒丸ごと説明と実技を収録しています。

それでは、ここでさらに詳しく内容を知って頂くために、サンプルムービーをご用意しましたので、ぜひご覧下さい。





はい、サンプルムービーいかがでしたか?

非常に興味深いものばかりを今回のDVDでは公開していますが、実際に先生にこのDVDの内容を先生の施術院で取り入れてもらった場合に、どういう“メリット” があるのかどうかを下記でお伝えします!!






いかがでしょうか。本当に先生にはたくさんの“メリット”があります。

今回のセミナーDVDは先生に満足してもらうために制作したDVDですから、現時点で最高の椎間板の 施術に対する知識と技術を絞り出しました。

そして、さらに今回も3枚のセミナーDVD以外に以下の3つのスペシャルボーナス特典がつきます。



セミナー中に、プロジェクターで説明した内容をテキストにしたものです。

セミナー中に、かなり臨床的な事もお話ししているので、このテキストに書き込みながら、DVDをご鑑賞頂くとさらに理解度が増すはずです。


テクニックの重要な部分を写真と文章で事細かく説明したテキストです。
写真点数は、なんと49点。
今年に開催した1回目の椎間板セミナーにはなかったテクニック用テキストです。このテキストを観ながらDVDを観て頂ければ、さらに椎間板のための施術がわかりやすくマスターできるはずです。



動画の中でもお話ししていますが、実は実験の為だけに椎間板の専用テーブルを購入しました。

つまりは今回のセミナーDVDでお話している、専用テーブルを使わない方法を立証するために、わざわざ 購入して試してみたのです。

もちろん、専用テーブルをすでにお持ちの先生、そして今後、ご購入をされる可能性がある先生、それからどのように使っているのか興味がある先生もいるのでは?ということもあって公開するのですが、

あくまで今回の専用テーブルの施術シーンは、本編のセミナーDVDで公開している、
「専用テーブルを使わない方法」が、よく考えられていること、そしてさらにテクニックの理解を
深めて頂くため
に公開しているものですので、その点をご理解して頂ければ幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
このスペシャルボーナス3は、ご購入時に同封されている感想用紙にご感想をご記入して頂き、用紙に 記載されているFAX番号まで、用紙を送って頂いた先生のみにお渡しする特典となっています。
詳しくは感想用紙に記載しておりますのでご覧ください。

※ホームページにて動画配信となりますので、パソコンのメールアドレスが必要となります。

以上が、「クリニカル椎間板テクニックセミナーDVD」の全てのセットとなります。
かなりのビックボリュームですからじっくり腰を据えてDVDを観ながら椎間板のテクニックをマスターして 頂ければと思います。


まだ、お値段の事をお話していませんでしたね。

今回の「クリニカル椎間板テクニックセミナーDVD」に収録されているテクニックは、師匠の20年以上の 経験と実証、そして私の10年以上の椎間板施術の分析と実験、そして経験から得た臨床用実践テクニックです。

もし、この時間と経験を金額に換算するとはっきり申し上げて途方もない金額の価値になると思います。

ですが、私がこの椎間板テクニックを使い始めて、必ず公開する機会をつくろうと決めた時から思っていた事があります。

もし、このテクニックを多くの先生方に使っていただければ、椎間板ヘルニアで困っている患者さんを
より多く改善出来る手助けになるはずです。

ですから、出来るだけ多くの先生方に師匠と私の臨床現場で培った“経験とテクニック”をお伝えしたいと強く思っておりましたので、今回も本当に“特別な価格”をご用意しました。


特別価格24,800円(税別)でご提供させて頂きます。



特別価格:24,800円(税別)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。


「ご安心ください。」

なんと今回、62日間完全返金保証をおつけします。

DVDをご覧頂き、万一ご満足頂けなかった場合は、お買い上げ日から62日間の間であれば、
理由を問わずにご返金させて頂きます。


もちろん、お支払い頂いた金額全てをご返金致します。
返送代金、振り込み手数料、事務手数料はすべて当方が負担致します。

ですから…
先生にはまったくリスクはございませんので、
ご安心してお申し込み下さい。



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

実際にDVDを、ご覧になられた先生方の
“生の声”をご紹介致します。











特別価格:24,800円(税別)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。













特別価格:24,800円(税別)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。












特別価格:24,800円(税別)



※お申込みフォームは、世界でもトップレベルである「グローバルサイン」社のセキュリティー
システムを利用し、個人情報保護・セキュリティー強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
ですから、 お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。


完璧な施術というものは存在しないと考えています。
これは椎間板ヘルニアに対して、私はとくにそのように思っているのです。

今回、公開した臨床椎間板テクニックは、今までの手技療法家の諸先輩方や研究家の先生の理論と
臨床の結果が残してくれた宝物だと思っています。


私の師匠がそこにオリジナルの臨床テクニックのアレンジを加え、そして私自身もそこに臨床の経験を詰め込み、たくさんの直感的な方法も入れて、結果を残せたテクニックのみで構成されています。

完全オリジナルというものはすでに世の中には存在しないと思います。

ですから、今度は先生が椎間板ヘルニアの患者さんの為に、さらに臨床を積み上げて、「完全」なテクニックに少しでも近づくように仕上げていってほしい、というのが私の願いです。

もちろん、私自身もさらに臨床を積み上げ、そしてたくさんの椎間板の患者さんのサポートになるように 頑張り続ける所存です。

今後もさらに良い方法が見つかればどんどん公開させて頂きますので、どうぞ宜しくお願いします。

長い文章を最後まで読んで頂き本当に有り難うございました。